スーツケースレンタルで想定されるトラブルを事前にチェック!

スーツケースレンタルで想定されるトラブルを事前にチェック!

海外旅行に出かけると、様々なトラブルに遭遇することがあります。

ここでは、スーツケースレンタルを利用した場合のトラブルについて紹介します。

運悪くトラブルに遭遇してしまった時に焦ったり損をしたりしないよう、念のためチェックしておいてくださいね。

スーツケースレンタルで想定されるトラブルを事前にチェック!

通常時にトラブルに遭遇することはほとんどありませんが、空港でスーツケースを預ける際やホテルに置いておく際は要注意です。

特に、空港に預ける際にトラブルに巻き込まれることが多いので、以下を参考にしてみてください。

スーツケースがどれかわからない・間違える

色や見た目が似ているスーツケースが多いため、レンタルしたスーツケースと他の人との見分けがつきにくいことがあります。

そのため、自分のスーツケースがどれなのかわからなくなる、他の人が間違えて持って行ってしまう、といったトラブルになることが度々あります。

面倒なトラブルに巻き込まれないように、スーツケースにネームタグをつけたりスカーフを固く巻いたりして、自分のレンタルした物だとわかるよう目印をつけておくようにしましょう。

スーツケースが破損している

海外の航空会社に多いのですが、運搬時にスーツケースを投げたり、落としたり、滑らせたりしてしていることが頻繁にあり、スーツケースが傷つけられたり破損されることがあります。

現状、自分が購入したスーツケースがこのような形で傷つけられるのが嫌で、スーツケースレンタルを利用する人が増えています。

小さな傷であればそのまま返却OKのレンタル業者がほとんどです。

しかし、かなり破損している場合は、降りた空港内のターンテーブル付近にある搭乗した航空会社の窓口(税関を通る前)に行き、破損している旨をすぐに伝え「破損証明書」を発行してもらってください。

スーツケース返却後にレンタル業者が航空会社に修理代金を請求する形になりますので、破損証明書がないと修理費用を請求される場合があります。

この時、代替え品を支給された場合でも、破損したスーツケースを処分しないようにしてください。

現物がないと保険が効かない場合があるため、レンタル業者にすぐに連絡を入れてその後の対応を仰ぎましょう。

当サイトがおすすめしている「アールワイレンタル」は保証がしっかりしていますので、安心してレンタルすることができます。

以下、公式サイトより引用しました。

アールワイレンタルの破損と修理について

弊社レンタルスーツケースは、全て損害保険加入済み商品となります。ご使用中の破損やキズ、汚れ等は、無償になっておりますので、 安心してご利用ください。
ご旅行中、航空会社へお預けになったスーツケースが荷扱いの関係で破損する場合がございます。 到着地でお受け取りになったスーツケースを必ずその場でご点検ください。
万一ボディがへこんでいる、割れている、キャスターが変形している等の 異常がありましたら、ご利用になった航空会社のラゲージ・クレームカウンターで破損証明書をお受け取りください。
受け取った破損証明書はスーツケースを返却する際、 ケース内に入れてご返却ください。弊社より航空会社に直接請求をいたします。

※破損証明書の取得が行えない場合でも、無償修理の対応となりますので、ご安心下さい。尚、その場合はご利用航空会社情報等のご提示を頂く場合がございますので、予めご了承下さい。

なかには、破損証明書を発行してくれない航空会社もあるようですが、アールワイレンタルではそのような場合も無償修理の対象になっているので安心してレンタルすることができます。

また、アールワイレンタルでは、フリーダイヤルにて対応してもらえますが、海外からは日本のフリーダイヤルにかけることはできません。(フリーダイヤルで通話できた場合でも無料ではないようです)

余談ですが、海外からフリーダイヤルで無料通話をしたい場合は、事前に「ブラステル」というアプリをチェックしてみてください。

飛行機に預けたスーツケースが出てこない

いくら待っても飛行機に預けたスーツケースが出てこず、けっきょく無いという「ロストバゲージ」というトラブルが起こることがあります。

この場合も、すぐに航空会社の窓口に行きましょう。

スーツケースが違う便の飛行機に乗せられた・盗難された・取り違えられたなどのケースが考えられます。

空港職員の支持を仰いでください。

ロストバゲージでスーツケースの延滞料金が発生した場合でも、基本的にスーツケースレンタル業者に延滞料金を支払う必要があります。(詳細はレンタル業者に問い合わせてください)

この場合、航空会社か保険会社に損害を請求する形になるでしょう。

スーツケースが盗難された・紛失した

盗難された・紛失してしまった場合は、スーツケースレンタル業者で保障を受けることができないため、相当の金額を弁償する必要があります。(低価格のスーツケースであれば弁償しなくてもいい業者はあります)

ブランドのスーツケースの場合、数万円~十数万円の金額が請求されてしまうことに・・・。

このようなトラブル遭遇した場合に頼りになるのが「海外旅行保険」です。

クレジットカードに無料付帯されている海外旅行保険もあります。

ただし、海外旅行保険に標準付帯している保険では、レンタル品の補償を受けられないケースがほとんどです。

レンタル品の補償をしてもらいたい場合は、特約(オプション)をつける必要がある保険会社がほとんどですので、心配な場合は保険契約の際やクレジットカード会社に直接確認するようにしてください。

盗難された場合・紛失した場合で補償内容が異なるケースもあるため、その点も確認しておくことをおすすめします。

重量オーバーで追加料金が発生する

飛行機にスーツケースを預ける際に、規定の重量をオーバーすると追加料金が発生します。

行きは大丈夫でも、帰りの便では買い物・お土産などでオーバーすることがあるかもしれません。

ANA国際線の場合を見てみましょう。

「ANA国際線」無料で預けられる手荷物の重さ・サイズ・個数
「ANA国際線」無料で預けられる手荷物の重さ・サイズ・個数

ANAの規定は上記の通りです。

この規定を超過すると、およそ5,000円~20,000円(国によって異なる)の追加料金が発生します。

参考:ANAホームページ

重量が少しオーバーしただけなら、スーツケースから出して手荷物として機内に持ち込めば追加料金は発生しないので、ちょっとした工夫で節約することができます。

重量オーバーはかなり痛手になるので、レンタルするならサルサエアーやコスモライトなどの軽量タイプのスーツケースがおすすめです。

スーツケースレンタルトラブルのまとめ

ちょっとした工夫でなんとかなること、自分が気をつけていても防ぎようのないトラブルがあることを理解していただけたのではないでしょうか。

大手のレンタル専門業者のほうがトラブルに柔軟に対応してもらえるため、レンタルするなら「アールワイレンタル」か「DMMいろいろレンタル」の利用をおすすめします。

また、安心して海外旅行を満喫するためにも、渡航前に海外旅行保険(特約)に加入することをおすすめします。

スーツケースレンタルのおすすめ業者はこの2つ!

\レンタル料金の安さ日本一!/
▼アールワイレンタル(R&Y Rental)▼


アールワイレンタルは日本最大級「在庫数7,000台」以上を保有するスーツケース専門のレンタル業者。最低価格保証があるからブランドスーツケースのレンタル料金が日本で一番安い。他社のほうがスーツケースのレンタル料金が安い場合は差額を値引きしてもらえるだけでなく次回使える500円の割引クーポンまでもらえるおすすめの最強スーツケースレンタル業者です。


\業界で一番安いスーツケースあり!/
▼DMMいろいろレンタル▼


「DMMいろいろレンタル」のスーツケースレンタルは、レンタル業界大手のDMM.comが提供するレンタルサービス。最大の特徴は1日約1,000円でレンタルできるスーツケースが存在していること。ブランドにこだわりがない場合は業界最安値となります。取り扱うレンタルスーツケースが100種類以上もあり、口コミでも評判のおすすめスーツケースレンタル業者です。