アラフォー男の喘息対策ブログ③喘息にいい食べ物と避けるべき食べ物

一般的に喉や咳にいいとされる食べ物は効果的です。
まずは、レンコンがいいですね。
気管支喘息はアレルギー疾患なので、アレルゲンを体内に入れないことが大事です。
アレルギー体質の人は、IgE抗体という抗体を持っています。この抗体とアレルギーの元になるアレルゲンがくっつくことでアレルギー反応が起こるのですが、このIgE抗体の働きを抑制する効果がレンコンにあるんですね。
また、炎症を抑える効果もあるので、レンコンの絞り汁を飲むと咳や痰を鎮める効果が期待できます。
次に大根です。大根には消炎作用があり、大根のおろし汁を飲むのが効果的です。レンコンと大根のミックス汁がおすすめです。
次に生姜(しょうが)です。生姜には、炎症を和らげる効果があり鎮痛作用や体温を上昇させる効果もあります。体が温まることで咳をしずめて痰を出しやすくします。

続いてアレルゲンになりやすい食べ物は、牛乳・蕎麦・小麦・果物・卵・魚・甲殻類などがあげられます。
食物アレルギーというものです。食物アレルギーは、食事中や食後にアレルギー症状が起きることが多いので小児喘息場合は、特に親御さんがしっかり見てあげることと、病院でアレルギー検査を受けることが大事です。また、保存料や着色料などの食品添加物によって発作がおきる場合があるので気をつけないといけません。
食物アレルギーではない場合でも、喘息の人はヒスタミンやコリンといった気管支粘膜を刺激して収縮させる成分が含まれているアクの強い野菜には注意が必要です。
アクの強い野菜にはほうれん草・ナス・山芋・たけのこ・里芋などがあります。
アレルゲンではありませんが、食べるとアレルギー症状の原因になる物質を増やし症状を悪化させる場合があるため気をつける必要があります。
これらを、仮性アレルゲンとかアレルギー誘発食品と呼んでいます。