アラフォー男の喘息対策ブログ②喘息なのにタバコを吸い続けた私がタバコを辞めれた理由

タバコを吸い続けて10年以上・・・。
しかし、1年前くらいにきっぱり辞めました。
それは、喘息で亡くなる人が年間何千人もいると知ったからです。これにはかなり震えました。
そして、タバコが高くなったからです。
そして、タバコが吸いづらい環境になったからです。
そして、アラフォーになり、痰が出まくり歯磨きのときにオエッが止まらなくなったからです。
何より1番の理由は自分のためです。
私の親しい友人たちも次々と禁煙をはじめました。それで案外すんなり辞めれたんですよ。
代わりにガムをかみ、コーヒーやお茶を飲む回数は増えました。食事量も・・・。
ちなみに5キロほど太りました。
ちなみに、それまで喘息の発作が出ない時は普通に吸っていましたし、落ち着いてきたら吸ってました。喘息持ちなのにです。吸うと楽になるときも・・・。それくらいタバコが好きだった私ですが、タバコをやめてからすこぶる体調が良くなり発作も出ないようになったわけです。
タバコはもう要りません。もう吸いたくありません。
喘息の方に言います。
タバコは百害あって一利なしです!
私が言える分際でもないんですが・・・。
タバコが習慣になっていて吸うのが当たり前だったので、最初はお口寂しくて食べ過ぎましたけど、今は慣れて暴飲暴食も減りました。
受動喫煙の問題もありますし、タバコは良くないですよ。
辞めた人間のタバコ嫌いは折り紙つきです。
自分は吸っていたのにね・・・(笑)
でもなるべく若いうちに辞めることをおすすめします。
タバコは気道過敏性という気道を収縮させる作用があります。タバコは肺がんのリスクを高めます。
しかし、案外吸っても平気だったりします。喘息の発作はストレスなどの心因的要素も関係していることが多いのでタバコを吸うと楽になるとかいう人もいます。私もそうでした。
だから、なかなか辞めれなかったんですよ。
でもアラフォーになってから、いろいろガタがくるようになり健康に気をつけるようになりました。やっぱり健康第一です!